top of page

「CAM」という由来

更新日:2月9日

現在5月に向けて企画しているライブシリーズは、「CAM project」と題しています。


このCAMというのは

阿佐ヶ谷ロマンティクのドラマー古谷理恵氏と共同で、神宮前のセレクトショップの夜を間借りしてバーやイベントを展開する時に名付けた名前でした。

※現在は撤退しています。


阿佐ヶ谷ロマンティクス https://asagayaromantics.weebly.com


なぜCAMという名前かというと、

元々、登山家の山野井泰史さんが好きで著書やドキュメンタリーを読み漁っていた時期があり、未登頂の岩壁を登る事や難関の山に新しいルートを刻むという精神性にとても感銘を受けました。山野井泰史さんが登った新ルートをラインで説明する山岳ライターの方などがたくさんいるのですが、そのラインが本当にうっとりするくらい美しいです。


最近では映画化やピオレドール受賞など嬉しいニュースを度々見かけます。

クライミングの際、ルートを作る際に岩の割れ目に差し込むガジェットをクライミングカムといいます。不安定な岩の裂け目に引っ掛ける、また滑落した時に安全装置として機能します。詳しくはyoutubeなどで見れば分かると思いますが、それを私が実践している事に重ねて名付けました。


「CAM」という名前はそれに由来しています。





CAMのロゴデザインは

DJや作家として活躍するAckky(Journal)

※最近bandcampでリリースがありました。



アニメーションは向純平さん




5月のCAM projectに向けて色々準備しています。

振り落とされないようにがんばります!!


閲覧数:45回0件のコメント
bottom of page