top of page

細海魚 Live in Asagaya Tabasa

更新日:3月25日


CAM project presents

細海魚 Live in Asagaya Tabasa

2024年5月25日土曜

開場 : 19:00

開演 : 19:30

前売 ¥3500+ 要1ドリンクオーダー

当日 ¥4000+ 要1ドリンクオーダー

出演  細海魚

※定員30名

チケット予約

2024年3月8日金曜 18:00より 

下記リンク内チケットフォームにて予約受付開始。

阿佐ヶ谷TABASA

東京都杉並区阿佐谷北2丁目13−18 マスキビル202

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





細海魚


北海道中標津町生れ。繭(Maju)、neina、hosomi、Livingstone Daisyなどの名義でも活動。豪EXTREMEより繭(Maju)名義で5枚、独Mille Plateauxよりneina名義で2枚のリリースがあり同レーベルのコンピレーションclick + cuts等にも参加。


'13年春、八野英史とのユニットLivingstone Daisy「33 Minutes Before the Light」リリース。同年11月、細海魚名義では初となるソロアルバム「とこしえ」を新居昭乃プロデュースによるピュアハートレーベルより発表。'14年1月、b-flowerに正式加入。'20年、細海魚名義では6年ぶりとなるソロアルバム「LOST」と「MORI AND GINGA」2タイトル同時発表。


有機的な繊細さに満ちたそのサウンドは内外問わずファンも多く、とくに国内のアーティストやミュージシャンからは唯一無二の音楽観によって絶大な信頼を得ており、新居昭乃、照井利幸、ミナクマリ、矢野顕子等のサウンドプロデュース、エレファント・カシマシ、おおはた雄一、奈良美智、仲井戸麗市、増田セバスチャン、山口一郎、ヤマジカズヒデ、芳垣安洋 等とのコラボレーション、坂本龍一主宰のKizunaworldへの参加など、キーボーディスト・アレンジャー・プロデューサーとして多彩な活動を続けている。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


細海魚さんのライブが決定しました。

スタジオワークやライブプレイも数多くの現場で演奏され、

阿佐ヶ谷TABASAでは2度演奏していただきました。

音が繊細で、とても透明度の高いサウンドです。

純度100パーセントの電気信号が空間を埋め尽くします。

ぜひ体験して欲しいです。





筆者は個人的にMaju - 5がお気に入りです。




エレファントカシマシ野音



素晴らしい夜になると思います。

みなさまのご予約をお待ちしております。





閲覧数:54回0件のコメント

Comments


bottom of page