top of page

CAM presents JAZZLETTER × YUIMA ENYA & TAMAMI MOrita

更新日:4月10日


JAZZLETTER × YUIMA ENYA & Taku Tajima



2024.5.4 sat

open 19:30 start 20:00

ticket 2500yen plus 1 drink order



出演

JAZZLETTER

Yuima Enya w / TAMAMI MORITA



チケット予約

当店HPより予約受付開始!!!









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


JAZZLETTER


ジャズドラマー、ラッパーとして活動する橋詰大智が手がけるジャズプロジェクト。ミュージシャン、カメラマン、映像クリエイター、デザイナーらも参加する。

Marshall McDnald jazz project、太田寛二trio、大井貴司スーパーバイブレーションなど、名プレーヤーのバンドのドラマーを務める橋詰大智は、ジャズドラマーとしてのキャリアを積む中で、自身が考えるジャズという音楽と、世間が抱くジャズのイメージに大きなギャップがあると感じていた。

長野県でロッヂを営む両親の元、幼少期よりジャズのレコードを聴いて育ち、小学生の時「天使にラブソングを2」を見てlauryn hillに魅了されたことをきっかけに、深くブラックカルチャーにのめり込んでいった橋詰大智にとって、ジャズはヒップホップと同様に、ブラックミュージックにルーツを持ち、ストリートなカルチャーから生まれた音楽であった。ジャズの本質を捉えた上で、自分たちの表現をするべく、2019年にJAZZLETTERの活動を開始する。オリジナルの楽曲は、ブラックミュージックの要素を取り入れたキャッチーなサウンドでありながらも、コード進行やアドリブなどでジャズであることを一貫する。

都内を中心にライブやイベントを行う他、YouTubeチャンネルは好評を博し、総再生回数80万回を超える。(2024年3月時点)今回は2023年に発表した「I desire」の演奏メンバーである、ボーカル矢崎恵理、ギター若林萌、キーボード小林みのり、ベース田代卓、ドラム橋詰大智が出演する。







YUIMA ENYA


18歳からNYへ渡りThe New School for Jazz and Contemporary Musicでジャズを学び即興音楽やノイズ音楽に傾倒。様々な音楽を吸収しつつ独自の感性と幅広い表現力でジャズやワールドミュージックを現代のビートへと昇華することを得意としている。

現在は東京で自身のソロプロジェクトを中心に、DF7B、Thiiird Place、MAKI SOULに所属。 フィーチャリングボーカルとしてCATBOYS、TAMTAMに参加。2020に参加したCAT BOYSの7inch single「Feel Like Makin’ Love」ミュージックラバーの間で高く評され2000枚を売り上げている。






TAMAMI MORITA





森田珠美(Keyboard、作編曲)

ポップスバンド「まゆたま」を経て、2021年「パノラマとラボラトリー」を結成。2枚のCDをリリース、2022年エマージェンザジャパン優勝。ドイツで開催されたタウバタールフェスに出演。ジャズ、ロック、エレクトロニカを横断する音空間を得意とする。

バンド活動の傍ら、ミュージカルやJILL STUART・ユーハイム等の CMソングなど楽曲提供多数。ラジオ番組や音楽プロデュースを行うなど幅広い表現活動をしている。

パノラマとラボラトリー



--------------------------------------------------------



JAZZLETTERを初めてTABASAで見た時、その佇まいに惚れ込んでしまいました。

オーソドックスjazzとオリジナル楽曲は新しい音が聞こえる気がしました。

バンドマスターのDaichi Hashizumeのドラミングプレイ、

HIPHOPを通過した世代のリズム感や演奏力は必見です。






Yuima EnyaさんはTABASA2回目の登場です。

去年はDancing in the Valleryで素晴らしい演奏を見せてくれました。

ライブや音源作品、近年の活動も大注目のシンガーです。




当日はスペシャルな共演もあります。

お楽しみに!




閲覧数:20回0件のコメント

Comments


bottom of page